過去のニュース 2002年10月〜12月まで

12月27日
  カウント1500番をゲットされた方にはワインを1杯サービス致します。

500, 1000、と続いて次は3人目の1500番です。どなたがゲットしてくれるのか楽しみにしています。
ゲットされた方はお申し出ください。


  年末、年始のご案内

年末は30日(月)まで、年始は6日(月)より営業致します。皆様のお越しをお待ちしています。

12月19日
  ヴァイオリン奏者の杉村直香さんからのメッセージです

今年のクリスマスイヴを皆様とご一緒にワインで乾杯できる事を楽しみにしています。一生懸命演奏させていただきますのでどうぞお楽しみ下さい。
                     杉村直香



12月17日 
  クリスマスイブヴァイオリンミニコンサートについて

クリスマスイヴ、”ヴァイオリンミニコンサート”の時間が決まりましたのでお知らせいたします。
1部  7時30分〜8時   2部  9時〜9時30分  3部  10時30分〜11時 
   <今回は入れ替えはありません>ごゆっくりお過ごし下さい。
只今御予約を受け中ですのでお早めにどうぞ。 0466-50-5517
曲目
クラシック
   グノー    アベマリア、
   バッハ    G線上のアリア
           オーボエ協奏曲より1楽章
   ヴィバルディ 四季より 冬 
   マスネ     タイスの瞑想曲
   シューマン  トロイメライ  etc...
                                
クリスマスの曲
   聖しこの夜、もみの木、あらののはてに、もろびとこぞりて、
   まきびとひつじを、神のみこはこよいしも、ジングルベル、
   おめでとうクリスマス、あわてんぼうのサンタクロース  etc
...
 演奏者 
 パリ祭ヴァイオリンプチコンサートでとても好評でした、天使のヴァイオリニスト、杉村直香さんです。どうぞお楽しみに。

一人でも、友人同士でも、カップルでも・・だれでも幸せな気持ちになれるお店、恋するピカソ。
今年のイヴも恋するピカソでご一緒致しましょう。皆様のご参加をお待ちしています。

フランスではクリスマスのご馳走チーズとして大人も子供も楽しみにしているモンドールというウオッシュタイプのチーズがありますが、ピカソではこの日にこのチーズを特別にご用意しております。とろとろ〜としてコクがありとても美味しいチーズです。この時期だけの物ですので是非お試しください。



12月16日

  ボジョレヌーボーの日の写真をアップ致しました。お楽しみ下さい。

  

  

  


12月10日


  1000番ゲットのお知らせ

記念のカウント1000番は光本さんがゲットされました。おめでとうございます。 光本さんが送ってくださった1000番ゲット時の画像をアップしました、ご覧下さい。
画像はこちらから

独身貴族の光本さんはハリーポッタが大好きな夢見るエンジニアです。
1000番ゲットのご褒美のシャブリ・グランクリュー・レクロと一緒に記念撮影。
昨年の12月にふらーとお一人で来られてからずっとお世話になっています。ホームページへのアドバイス、その他いろいろの事をいつも気にかけていただいてありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。


12月6日

  12月13日(金)のX'masコンサートの奏者久保崎泰隆さんのメッセージをお伝えします。


初めまして、久保崎泰隆と申します。
現在は洗足学園音楽大学で、サックスを専攻しています。
普段はクラシックの曲、特に近現代のフランスや、ロシアの作曲家の作品を勉強しています。
今回はクリスマスコンサートということで、クリスマスにまつわる曲や映画音楽、
スタンダードジャズ等を演奏させていただきます。
サックスはいろいろな楽器の中でもとりわけ人の声に近い音色と言われているので演奏の中に言葉を感じていただけたらと思います。皆様に楽しんでいただけたら幸いです。
どうぞよろしくおねがいいたします。

 曲目
1、虹の彼方に、2、酒とバラの日々、3、テイクファイブ、4、ウイアーオールアローン
5、そり滑り、6、枯葉、7、オールオブミー、8、レフトアローン、9、ジングルベル
10、亜麻色の髪の乙女、11、赤鼻のトナカイ、12、マイフェイバリットシングス13、聖しこの夜

1部5時〜9時  2部9時〜11時30分 入れ替え制となりますのでご了承ください。。
只今御予約受付中ですのでお早めに申し込み下さい。
          Merry X’mas!!


12月5日

   カウント1000番をゲットされた方にはワインを一杯サービスさせていただきます。

10月1日にホームページを公開してから早もうすぐ1000番になるところです。
皆様にいつもこのホームページを見ていただいて、とてもうれしくまたやりがいにもなっています。
あんなにパソコンが苦手だった私が、今は生活の一部までになりました。
これからも更新に励みたいと思います。どうぞご意見ご感想をお聞かせ下さい。

是非皆様に記念の1000番をゲットしていただきたいと思いますので、ゲットされた方はお申し出下さいネ。 
    <スタッフ一同、今からドキドキ、ハラハラしています。> 

先月ですが、500 番をゲットされたお客様は進学塾講師の上村先生でした。
趣味はクラシック音楽を聞く事。
グランドピアノを購入してしまうほど、ピアノの練習に熱が入っています。今年の1月頃ふらっとお一人でお見えになり、それからずっとお世話になっています。ピカソの大切な常連のお客様のおひとりです。これからもどうぞよろしくお願い致します。
皆様ピカソでお会いしたらお声をかけてください
一番右端の方が上村先生です。


12/1


   12月は30日まで無休で営業いたします。
皆様のお越しをお待ちしています。


11月26日

  2002 恋するピカソ Xmasコンサートのお知らせ。

いよいよ今年も早いものであと1ヶ月と少しになってきました。
恋するピカソでは今年のXmasは一足早く、アルトサックスのコンサートを行います。
奏者は洗足学園大学の管楽器科サキソフォンを専攻している久保崎泰隆さん。
将来プロを目指している彼です。若さゆえの感性とダイナミックなアルトサックス、そしてちょっぴりセクシーな音色もとても素敵ですよ。 
曲目は虹の彼方に、テイクファイブ、ウイアーオールアローン、そり滑り、枯葉、Xmasソング等15曲ほどもりだくさん。   素敵なXmasを恋するピカソでお楽しみください。
       ★ただ今ご予約を受け付けておりますのでお早めにどうぞ。0466-50-5517
準備の都合上恐れ入りますがおいでになるお時間をお知らせ下さい。
   日時    12月13日<金>
   時間    一部  5時〜9時       ( 演奏時間 7時30分〜8時15分 )
         二部  9時15分〜11時30分 ( 演奏時間 10時15分〜11時 )
一部二部共に入れ替えとなりますのでご了承ください。
ミュージックチャージ等はいただきませんので、いつも通りワインとチーズお料理をお召し上がりください。

こちらから久保崎泰隆さんの所属する東京ロマンティックシアターのページに行くことが出来ます。
http://www.ismusic.ne.jp/TRT/

サービス情報  6時30分までにご来店いただいたお客様にはワイン一杯サービスいたします。
皆様のご来店を心よりお待ち申上げております。

11月20日
   ボジョレーヌーボー2002シャトー・ド・ピゼイ醸造責任者からのメッセージ

ボジョレー地方で最高の立地に恵まれ、毎年高い評価を受けているシャトー・ド・ピゼイのボジョレー・ヌーボー。醸造責任者のパスカル・デュフェートル氏からの最終のうれしいメッセージが届きましたのでお伝えいたします。
  2002年のヌーボーは繊細で魅惑的でアット驚く出来栄えです。
深い色合いは気軽に飲むには重々しいようなボジョレー・ヌーボーに見えます。 深い真紅の色合い、光を反射させない赤紫のワイン、濃厚なアロマ、これは正しく花崗岩質土壌で育まれ、複雑なアロマを醸し出すカメイ種でできた新酒です。このワインは極端に特徴を主張せず控えめで緻密な味わいです。カシスの風味が心地よく、完熟した桃と葡萄の混ざり合った香りがします。数種の野菜の匂い、甘草の香り、レモンの匂いやバラの蕾などがまろやかに混ざりあってています。 最後に香るのは穏やかなスパイス、そしてシナモンと胡椒の香りがいつませも残ります。 口に含むとまろやかな味が口の中いっぱいに広がり味の個性を感じさせます。口当たりは新鮮ですっきり、果実の味がぱっと広がります。 白い果物、森の果実、実った葡萄など実りの秋に食卓を飾る数々の果物の味。短期間での熟成にもかかわらず、しっかりとしたタンニン質を含んでいる今年は、すばらしく出来の良いワインの年になるだろうことを示しています。

        驚きの2002年、優雅で繊細な上出来の2002年!!
11月21日にはみなさんご一緒にワイン愛好家に仲間入りして下さい。
                         パスカル・デュフェートル
                                 ワイン醸造家


11月15日


   マリー・ローランサンと、ビッフェについて

マリー・ローランサン
  
ピカソと一時代を担ったユニークな女性画家。芸術の激動期の中で、時代に翻弄されず独自の美的世界を作り出した。作品はバラ色や紫、青、灰色などの淡い色調で描かれた柔らかな雰囲気を醸し出している。
     

ベルナール・ビュッフェ
  「時代の証人画家」と賞賛された天才画家。20歳でフランスの権威ある批評家賞を受賞し、一躍時代の人に。作品は、第二次世界大戦の荒廃した世界を具体化し、鋭角的なフォルムと強靭な描線、モノトーンに近い独自の画風を描き出した。
     


私、井上由美子が今年5月にフランスに行った時、モンマルトルの丘を階段で上がっている途中、緑の多い小さな公園でパンとチーズを食べているときふと左に目をやると、そこはなんと、昔ピカソやマリーロランサンが若い頃アトリエ兼住居にしていたボロアパートの洗濯船でした。
急に心臓がどきどきしてきて、夢中になって写真を写しました。なぜならここはずっと私が夢に描いていて行ってみたいと思っていたところだったのです。
 恋するピカソも洗濯船のようなそんな場所になれるように夢を持っています。

この2枚の絵をお客様の御好意によってお借りする事ができました。ワインとチーズそして名画によって
古き良き時代のパリにご一緒致しましょう。


11月8日

   チーズの日のお知らせ

11月11日はチーズの日というのはご存知でしたか?
この日、恋するピカソでは「チーズの王様」といわれているブリ・ド・モーをご用意させていただきます。
ブリのふるさとはパリから北東へ約50キロ車で走ったところ。
ブリは「チーズの王様」であると同時に「王様のチーズ」としても良く知られています。無類の食いしん坊で知られるルイ16世は、フランス革命の前夜、革命家の手に落ちるその直前までチーズを手放さなかったそうです。 実はそのチーズこそがブリ・ド・モーだったと伝えられています。
毎年7月14日に開催される革命記念日(パリ祭)祝賀会の食卓には必ずこのチーズが並びます。それはブリ・ド・モーが、ルイ16世にも、そしてパリっ子にも愛された、まさに「王様のチーズ」であるからなのでしょうね。
今回はかなり熟成が進んでいてトロ〜とした食感を楽しめるブリ・ド・モーを特別にご用意いたしますのでどうぞお楽しみください。

ブリ・ド・モーに合うワイン

白ワイン マルサネ・ブラン
ムルソー・ビエーニュ・ビーニョ

赤ワイン マルサネ・ルージュ
ジュブレ・シャンベルタン

10月30日

   マリーローランサン、ビュッフェとともに味わうワインとチーズ

秋も深まり、朝夕はかなり冷え込んで参りました。
芸術の秋、恋するピカソではお客様がとてもたいせつにされているマリーローランサンとビュッフェの絵をお借りする事ができましたのでお知らせいたします。
フランスのエスプリが漂う絵画を鑑賞しながら美味しいワインとチーズをお楽しみください。
        貸し出し期間   12月末まで。
次回の<What's New !!>でマリーローランサンとビュッフェのストーリーをお伝えしたいと思います。どうぞお楽しみに!!



10月11日


   ボジョレー・ヌーボー2002 は恋するピカソで

11月21日はボジョレーヌーボー解禁の日です。
ワイン専門店の恋するピカソでは、これが本当にヌーボ?と思うような飛び切りなワインをご用意して皆様をお待ちしています。
14世紀に建てられたシャトー・ド・ピゼイはボジョレーの中でも最高の土壌に恵まれていて、長期熟成方のワインができるモルゴン村にあります。
(ワインメニューをクリックしてみてください、シャトーの写真がのっています。)
この葡萄園はワインの醸造だけでなく、グレードの高いホテル、レストラン等も営んでいます。
歴史があるので古くから城のまわりに広大な畑を所有しており一定面積あたりの収穫量も他の作り手と比較して低く押さえているので質のいいワインが生まれます。
この作り手の特徴として、葡萄をすべて自社畑で賄っていることです。
クリューボジョレーは自社畑で作っても、普通のボジョレーまで自社畑で作っている作り手は少ないようです。
ピンと張られたワイヤーによって葡萄の枝を支えているのも特徴です。  これは風通しを良くして太陽の光を効果的に葡萄や葉に当てる為の工夫です。
  (ボジョレー地区ではいまだにワイヤのない畑が多くみられるようです。)
完熟した葡萄からは、果実味あふれるワインが造られます。
新酒とは思えぬ味と香り、その風格と優雅さで、シャトー・ド・ピゼイのボジョーレー・ヌーボーは毎年高い評価を得ています。

クリューボジョレーのモルゴンを本拠地とする作り手なのでボジョレーヌーボも力強く、かつ濃厚な果実味を備えています。
    解禁日11月21日(木)  皆様のお越しをお待ちしています。


10月5日
3日、4日の1周年には多数の方に来ていただきましてありがとうございました。
これからも恋するピカソをよろしくお願い致します。
その時の写真をアップしましたのでどうぞご覧ください。


10月1日
昨年の10月4日にこの店を開店いたしまして
早もうすぐ1周年を迎えようとしています。
これも皆様の御協力の賜物と感謝の気持ちでいっぱいです。
もっともっと多くの方にワインの魅力を知っていただきたきたいのと ホットくつろげる非日常的な空間を提供したくてこの店を始めました。
まだ1歳、ヨチヨチ歩きのピカソですが、皆様と一緒にお祝いできることを心よ り、うれしく思っています。
10月3日(木)4日(金) の二日間、17時から23時30分までの通常営業ですが、お越しいただいたお客様には記念品としてプレゼントをご用意させていただいております、
どうぞ皆様お誘いあわせてのお越しをお待ちしております。
当日はスタッフはちょっとお洒落してまたヴァイオリンのミニミニコンサートも予定しています。
スタッフ一同皆様のお越しを心よりお待ちしております。ぜひご参加ください。


 back